簡単にできる手作りキャットフード

  • 離乳食
前へ
次へ

簡単にできる手作りキャットフード

現在はこれまでにないほどのペットブームが起きていて、特に室内で犬や猫を飼う人が急増しています。
今では3人に1人はペットを飼っていて、猫を飼う人がどんどん増えています。ここでは大事な猫ちゃんへの手作りキャットフードについて紹介します。

ペットを飼う人が増えたことから、ペットフードの市場規模は拡大しています。
現在中高年の人たちが子供の時には、猫には家のご飯の残り物と牛乳をあげるのが当たり前でしたが、実はそれが猫の寿命を縮めることになっていました。
そもそも人間と猫では身体のつくりが違うので、同じ食事をしていいわけがなく、そのことを昔は知らない人がほとんどでした。
さらに以前は今のようにペットフードが市場に出回っていなかったため、手作りご飯を愛猫に与えるしかありませんでした。

現在では当時と比較して格段に猫の寿命が延びていて、それは医学の進歩と与える食事が猫専用になったからだと言われています。
栄養総合食と書かれたキャットフードには、猫に必要な栄養素がバランスよく含まれていて、それを与えていればわざわざ餌を手作りしなくてもいいのですが、中には猫の寿命を縮めてしまうような粗悪品も販売されています。
特に安価な商品には酸化防止剤や保存料などの有害な化学物質がたくさん配合されているモノが多く、さらに4Dミートと呼ばれる人間が食べられないような粗悪な肉が使用されている商品も販売されています。

大事な猫ちゃんには無添加のキャットフードを選ぶか、手作りご飯を与えることが最も安全だといわれています。
仕事で忙しい人は毎回手作りご飯を与えることは難しいと思いますが、普段は安全なキャットフードを与えて、お休みには手作りご飯を与えてあげるといいでしょう。

今ではインターネットで調べると、それほど手間をかけなくても簡単に作れる手作りキャットフードレシピがたくさん見つけることができるので、猫に与えてはいけないネギやニラなどは避けて、愛情のこもった手作りご飯を与えてあげましょう。

このように、現在では市販の総合栄養食のキャットフードを与えていれば、猫に必要な栄養素を摂れるので、わざわざ手作りご飯を与える必要はありませんが、市販のキャットフードの中には有害物質が入った商品も少なくはないので、時間のある人には安全な手作りご飯を与えることもおすすめです。

ページのトップへ戻る