療法食のキャットフードのクリニック処方のメリット

療法食のキャットフードのクリニック処方のメリット

  • 離乳食
前へ
次へ

療法食のキャットフードのクリニック処方のメリット

大事な猫ちゃんの体調が悪くなったり、病気だと分かれば療法食が必要になることもあります。
療法食のキャットフードは今では通販などから簡単に購入できますが、飼い主が勝手な判断で療法食を決めてしまうことは危険です。
ここでは療法食をクリニックで処方してもらうメリットについて紹介します。

人間に食事が大事なのと同じように、猫にも食事は健康維持のためには最も重要なことです。
猫の寿命はここ何十年かで劇的に伸びています。
昔は猫の寿命は10年にも満たなかったのですが、今では20年以上生きる猫もたくさんいます。
その理由の1つに猫に与える餌の変化が挙げられます。

今のようにたくさんのキャットフードが市販http://xn--nck1bpe3d4d0i.tv/catfoodranking.htmlされていないかった時代は、人間が食べた余り物をペットの猫ちゃんに与えていた人がほとんどで、猫まんまという言葉も生まれたほどです。
当然猫と人間は食べるべき食事が異なり、人間と同じ食事をしていれば、猫の寿命を縮めてしまいます。

市販のキャットフードの中には粗悪品もありますが、それを除けば猫のために必要な栄養分がバランスよく配合されていて、猫が健康で長生きできるようにつくられています。

猫が長生きになったもう1つの理由は、日本の獣医学の進歩です。
今では人間に使用されるモノに劣らない医療機器が猫にも利用されていて、猫の疾病に対するワクチンの開発も進み、動物病院でしっかり診察を受けて適切な処理を施せば、大切な猫ちゃんの寿命を確実に延ばすことができます。

したがって猫ちゃんの体調が悪いと感じた時には、自分で勝手に判断して療法食を選ぶのではなく、必ず獣医さんの的確な診察を受けて、クリニックでそれぞれに合った療法食を処方してもらうことで、猫ちゃんの健康を維持して、長生きさせてあげられることにつながります。

このように、大事な猫ちゃんの健康維持のためには、必ずクリニックで獣医さんの診察を受けて、それぞれの症状に合った療法食を処方してもらわなければいけません。
医療の素人が勝手に判断して療法食を選ぶと、猫ちゃんの寿命を縮めてしまうかもしれません。

ページのトップへ戻る